ヘアラボ事業部キーパーソンに聞く!—新サービス「ヘアラボカルテ」について—

Pocket
LINEで送る

アラン社員インタビュー、第4弾!
アランでは2018年1月9日、ヘアラボの新サービスとして、自分の髪や頭皮の状態に合わせて、医師が監修した123種類の豊富で専門的なアドバイスを受けられる会員向けサービス「ヘアラボカルテ」をリリースしました。

今回はリリースに至るまでの話や今後の構想について、メンバーの片木さんとマネージャーの河合さんにインタビューしました。

まず、「ヘアラボカルテ」リリースの背景を教えてください。

(河合)アランがヘアラボというメディアを2年ほど運営し、おかげさまで順調に成長をしてきました。
一方で、髪や頭皮にまつわるコンプレックスは人それぞれなのに対し、メディアでは全員に同じ情報しか伝えらません。そこに歯がゆさを感じ、「メディア」という形態の限界を超えた価値を提供していきたい、と考えるようになりました。

ヘアラボでユーザーにとって有益な情報を得るためには、まずユーザー自身が自分のことを知らなければいけない。
確かに、病院やクリニックへ行けば教えてもらえますが、根深いコンプレックスだからこそ通院は少し気が引けてしまうのではないかと感じていました。
そこで、スマホで、それも素早く簡単に、自分の状態を把握できるサービスを作ろうと決断しました。

次に、現場メンバーとしてのヘアラボに対する思いや、今回のリリースにどんな風に取り組んだかを聞かせてください。

(片木)髪に悩んでいる人の中には、髪の悩みが原因で“自分に自信がもてない”、“最初から「無理だ…」と諦めてしまうことがある”といったことを思われる方もたくさんいらっしゃると思います。
そのような方たちがネット検索で出会う情報は多種多様あり、医療的な内容を含むものも多くあります。メディア側としては、客観的に正しい情報を発信することがより一層求められると感じています。
そのため現場メンバーとしては、ヘアラボを通して髪に悩む人に対して正しい情報を届ける、そして悩み解決のサポートができるように取り組んでいきたいと思っています。その結果として、悩みを持つ人が次の一歩を踏み出せるように応援していきたいです。


そして今回リリースした「ヘアラボカルテ」は、生活習慣や髪の毛の状態といった質問に対するユーザーの回答をもとに、AGAや円形脱毛症など一人ひとりに考えられる症状を提示し、それぞれにおすすめの対策方法を紹介するという内容になっています。
先ほどの河合の話しの通り、ヘアラボとしては従来のメディアの限界を超えて、“髪を生やしたい”のか、“抜け毛を減らしたい”のかなど、その人がどうなりたいのかに合わせた対策方法を届けたいと思っていました。症状や対策について書かれた記事はたくさんありますが、どの情報が自分に合っているものなのかって分かりにくかったり、探しにくかったりすると思います。
なので、簡単な質問にセルフチェックのような感じで答えてもらい、一人ひとりに適した結果を返すことで、先ほど申し上げたような課題感を解決したいと思い取り組みました。

「ヘアラボカルテ」はマネージャーの河合を責任者として、他は僕と開発メンバー2名の計4名のチームで取り組みました。その中で僕はプロジェクト進行やコンテンツ内容の作成など、開発以外のほとんどの部分を担当させていただきました。企画の一部について上から降りてきた作業をするだけではなく、自ら企画していく必要があるのは非常にやりがいのある仕事を任せてもらっている感じましたし、同時に責任感も強く感じましたね。
ただし、担当させてもらったからといって僕の案がなんでも通るわけではなく、求められるアウトプットの基準は高かったです。僕から最初に出てくるアウトプットは本当にレベルの低いものだったのですが、その度にどうすれば高いアウトプットができるのかを今回のチームのメンバー、そして先輩方からたくさん教えていただきました。
一人のアウトプットを最大化するために他の人が惜しみなく協力してくれる環境は、仕事を進めていく上でとてもありがたかったです。

現場の片木さんはじめメンバーの様子はいかがですか?

(河合)非常に難しい課題にトライしてくれていると思います。
アランが取り組む事業は、事業や施策自体が新しく、そして挑戦的な内容であることが基本です。多くの場合、必要要件の洗い出しから開発との打ち合わせ、法務チェックまで全て自分で行います。
もちろん、周りに助けを求めるべきこともたくさんあり、立場関係なく必要な壁打ちや協力などは頻繁に行っています。

裁量を与えられる代わりに難易度の高いことに挑戦する必要がある。
そのような現場だからこそ、優秀な若手が集まってくるとも思っています。

現場メンバーとして今後ヘアラボに対しての想いを聞かせてください。

(片木)へアラボには、髪の悩みに対して解決策を求めて訪れてくださる方がたくさんいらっしゃいます。しかし“髪の悩み”と一括りに言っても、その中身はその方の環境や悩みの深さなどによって様々であり、解決策も様々です。
見てくださっている方一人ひとりに寄り添って、対策を始めるところから悩みを解決できるまで、一貫したサポートをしていきたいです。

最後に事業責任者としての展開ビジョンを聞かせてください

(河合)髪に悩むユーザーの課題が解決されるのであれば、今回のような、もしくは今回を遥かに上回るサービス展開を積極的に行なっていくつもりです。
アランのミッションは「Stay Young, Change The World」
健全な若々しさをもって、プロダクトの先にいるユーザ1人1人の見える世界を、 一緒に働く仲間の見える世界を、そして、自分自身の見える世界を、より良く変えていく,という意味合いです。
ヘアラボの事業もまさに「若い力で業界を変革させる」その時を待ちわびています!

———————————————————————————————————————————————
ヘアラボ事業部では以下のポジションで仲間を募集しています。
詳しくはwantedlyの募集をぜひご覧ください!!お待ちしております!!
◼︎編集長募集
https://www.wantedly.com/projects/110711
◼︎編集スタッフ
https://www.wantedly.com/projects/106536
◼︎マーケター募集
https://www.wantedly.com/projects/161873

Pocket
LINEで送る